~* Wakaba Time *~

写真+雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
trackback: -- | comment: -- | edit

夜の岸辺 


RICOH CX4


パシャン・・・
と、音をたてて
人が
夜の岸辺を歩く



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・


一週間、台風に翻弄されたお天気でしたね。
写真は台風が近づく新宿で撮りました。


「都会は光と影が濃い」とかなんとか
そんなニュアンスの言葉は使い古されているかと思われるのですが
使い古されているからといって、『実感』したことは無いですけど。


雨の夜の街は、水分で空気が濃くなっているからかなぁ。
光が夜の空気を震わしている感じがする。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

消える人 


docomo905ics


目の前から人が消える。
ただ、私のいない世界に行っただけ。
あるいは、私が去ってしまっただけ。



docomo905ics

 


*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・


「人は鮮やかです」と言った人がいた。
その言葉の鮮やかさに目をみはった。

日々自分や家族に悩んだり楽しんだりしている
ごく普通のささやかな生活を営んでいらした主婦。
その方の普通の息遣いを感じる言葉だった。
そのてらいのなさと鮮やかさに一瞬息をのんだ。


「朝、目覚めたら」というタイトルで
人々が青空を仰いで笑っているといいな
錆びたベランダの手すりに色とりどりの小鳥がとまっていたらいいな、と
他愛の無い光景を少女のような言葉で綴っていた詩があった。

あまりに他愛なく、他愛ないゆえにどこか御伽噺のような明るく可愛い光景を
本当にその時心から望んだんだな、と思う言葉だった。
心の病を抱えながら、大学をなんとか卒業したい女性の詩だった。
技術では書くことができないその詩は
それを見るPCの画面からハレーションのようなチラチラした光が放たれているみたいだった。
何か力になれることがあるなら力になろう、と思った良い詩だった。


お二人とも、ブログを始めてからネットの中で知り合った人だった。
そしてお二人ともすでにブログを閉じられている。
今、どう過ごされているかはわからない。
けれども「人は鮮やかです」という言葉と
「錆びたベランダの手すりにとまる色とりどりの小鳥たち」のイメージは
私の中に残っている。
それはどんどん流れてゆく川の中に落ちていた宝石を拾ったみたいに。




ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

空の窓 


RICOH CX4


ここでしかないのに
ここではないどこかから
朝日のような光がさしこむ。

ヒトがこつこつと積み上げた街の空に
窓のようなものがいつも開いていて
街の規格にあわない光が
建物の輪郭を不恰好に浮かびあがらせるのだけど
ヒトが造った建物の中にいると
そのことを忘れてしまう。

 

*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・


夏になりましたねー。
今日は休日でした。
休日だったけれど仕事の買い物になんかで外出したら
30度越えたらしくて暑くて暑くて
とりいそぎオープンカフェでビールなぞ飲んでた若葉です。こんばんは。

いや~、平日昼間、明るい所で飲むビールって、なんであんなに美味しいの(*´▽`*)
よしもとばななの新刊『ゆめみるハワイ』を読みながら
よく冷えたビールを飲んでいたら、
ほんの少しだけふわっとなった意識が夢のようなハワイの描写を
よりフワっとキラっと見せてくれたりなんかして。

   *   *   *

写真は高層タワーマンションの最上階で撮ったものです。
窓に映りこんだ窓から陽が射しこんでいました。
撮った写真を見て「あ、そうか」と思いだす。





ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
thread: ■東京を撮る■ | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 10 | edit

朝、原宿で 


docomo so905ics


朝8時の表参道。

朝日がなだらかな坂を照らしていて
ピッカリと道が浮かびあがってキレイでした^^
この時期、朝日はこの道の先の位置から昇るのですね。
仕事前にキレイなものを見れて気分良ろし♪



docomo so905ics


表参道から横道に入ると、塀に勢いよくのびた三叉の影。

こんな風に草花の影が壁から扉にかけてデザインされた建物(お店)があったら
私はイソイソ・ホイホイ入るだろうな。
影をくぐって門の中に入るの(*´▽`*)
その様子を離れてみていても楽しいかも。
繊細にデザインされた草花の影を一瞬身に浮かばせて
女の子たちが中に消えていくのを。



docomo so905ics


2月20日に撮った写真です。
この日は陽射しまぶしく青空ひろがる朝でした。
春が近づいてきたなぁ、と思ったらこの後大雪( ̄▽ ̄)
春は近そうでまだ遠かったー。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

あなたは、誰? 

RICOH CX4 



フラッシュバックの閃光に浮かぶ人影。
あなたは、誰?



RICOH CX4 



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・

連休中も仕事していた若葉です。こんにちは。
丸の内にいたんですが人が少ないですね~。
地下鉄大手町のとある連絡通路、
いつもならそれなりの人が行き交う時間帯に
私と駅員さんしか歩いていなかったのはちょっとビックリしましたw


意識化していない部分が自分のベクトルを決定していることってありますよね?
フラッシュバック、という言葉を使ったので
連想としてトラウマ→無意識領域という流れでの考えでね。
それでね、
「人は『選べる』という夢を見たいんじゃないのか」と思ったのです。

今の自分は選んでいる・選べるという夢。

何かを決める時って、その手前で大なり小なり逡巡しますよね。
例えばリンゴを食べようかミカンを食べようかくらいの小さな事でも。
大きなことならなおさらじっくり検討したり。
その『逡巡している時間』が今の自分が選び取った、
という気になっているけど実は違うんじゃないのか。

自分の小さな事から大きな事までの今までの『選び』の蓄積が
方向のベクトルを、大筋を決定している流れがすでに自分の中に在って
『逡巡の時間』がそれを意識に納得させているだけなんじゃないのかな、と思う。

慣性の法則みたいに
選択は自分が費やしてきた時間がすでに決定している。
ただ『逡巡している時間』が「今私はこれを選んだ」と思わせているだけ。

人は今の自分が選んでいる、という夢を見ている。
そして「あの時、別の選択をしていたならば」という
悔恨や憧憬や安堵の夢も見たりもする。

選択は否が応にも過去の力がすでに決めているものならば
それは今の自分に選択という自由が無いということではなくて
未来の自分がする選択を今決めているという自由がある
ということなのかもしれないな、なんて
そんなことを思ったのです。





ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
thread: モノクロ | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 7 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。