~* Wakaba Time *~

写真+雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
trackback: -- | comment: -- | edit

天野忠詩集を読む 

空の三角 7/24
↑今日の夕空。空の三角形です。不思議な形。

今日は【天野忠詩集 (現代詩文庫)】を読む。

この詩人は「老い」について多く書いています。
そして老いの先には「死」があります。

この詩人の語り口は、ユーモアでスッと心に難なく入り
ほろほろと苦さをこぼし、思わず片方の口の端が上がってしまう。 そんな作品。
難しくないので、ちょっと読んでもらえるとうれしいなぁ


       苦笑

   貧乏人でも
   財産目録を残す権利がある。
   いや 義務があろう
   休日を棒にふって せっせと
   私は目録を書いた。
   あとそんなには生きられないので――

   詩何百 散文何百何十・・・・その他
   文学作品らしきものいろいろとりまぜ
   しめて何百何十何篇

   ――おまえの財産は?
   何もかもお見通しのくせに
   意地悪な天国の神様がそうおっしゃる。
   はにかみながら 私はソッと差し出す。

   ――・・・・ふむ 貧乏人にしては
   神様は苦笑して
   ――まあまあと言うところか・・・・
   それから気がなさそうに横を向いて
   ――次 とおっしゃる。



読むと、苦笑しているのは意地悪な神様だけじゃなくなっています。
この目録を書いた「私」も、この詩を読んだ人も誰もが苦笑していそう。
まるでエリート役人に審査をされている庶民のような、神様と私。

けれどもこの詩人は地獄を書くと、小さくて優しい役人を書くのだ。


       端役たち

   破れた去年の蠅叩きをふりふり
   雪積む中を
   男が歩いて行く
   壊れた湯たんぽを抱きしめながら
   夏の炎天下
   女が歩いて行く ひとりぽっちで

   野を越え
   山越え
   ・・・・・・・・・・

   地獄の門の前で
   彼らは しみじみ
   お辞儀をした

   ――おかわりありませなんだか
   一人が云った
   ――おかげさまで、どうやら
   一人が答えた
   それから門があいた

   ――おいで、とやさしく
   鬼の小役人が招いた。


天国のエリート神様にくらべて、この地獄の小役人の温みはなんだろう。
生きている時、目から鼻にぬけるような生き方をしなかった男女。
世間の隅で細々と生きたであろう不器用な人たちは
地獄に行くことになったが、そんなに酷い罰は受けないだろうな。 

もうひとつ。この詩人のユーモアがダイレクトにわかる作品です。


       新年の声

   これでまあ
   七十年生きてきたわけやけど
   ほんまに
   生きたちゅう正身のとこは
   十年ぐらいなもんやろか
   いやぁ
   とてもそんだけはないやろなあ
   七年ぐらいなもんやろか
   七年もないやろなあ
   五年ぐらいとちがうか
   五年の正身・・・・・・
   ふん
   それも心細いなあ
   ぎりぎりしぼって
   正身のとこ
   三年・・・・・・

   底の底の方で
   正身が呻いた

   ――そんなに削るな。


           



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
thread: 読んだ本 | janre: 本・雑誌 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

青い夕陽と田口ランディ 

青い夕陽

暑いですね~。蒸し暑い。湿度が高いのはへたばりますね
まだ身体が暑さに慣れていない時期なのでしょうね。

画像だけでも涼しめに、と↑をアップ。
月みたいですが、今日の夕陽です

機械の設定を変えると、こんな風に撮れるのか~と、今さらな感想(^^ゞ
もう2年も使っている携帯電話なのに(笑)

   *      *      *
生きなおすのにもってこいの日生きなおすのにもってこいの日
(2009/09/05)
田口ランディ

商品詳細を見る

田口ランディのエッセイ、【生きなおすのにもってこいの日】を読み終わる。

田口ランディさんの本は今まで読んだ事がなかったけど
初めて読んでみて、ちょっと小説を読んでみようかな、と思った。

彼女の書くテーマは重いんだろうな、とエッセイを読んで思う。
重いけどユーモアがあるのだろうな。
ただそのユーモアは、本人は特にユーモアで言っていると思ってなさそう。

収録されている『うっかり自殺』は
同じような事を考えている人がいると思って、ちょっと笑った。
若者のイジメ等での自殺のマスコミの報道の仕方は
結果的に「イジメから逃れる手段の一つに自殺がある」という提示になっている事。
苦しみから逃れる為に、捨てるものを取り違えてしまったら「うっかり」なんだよ、という事。
ランディさんはその「うっかり感」を正しく報道したほうが良いよ、と言う。
その例文は一部の方に爆発的な怒りを買いそうな表現なのだけど
その例文のような認識が社会コードなら、イジメ自殺は減りそうだ。

それと似ていて、ちょっとそれる話なんですが
最近若者(特に大学生)に「うっかり」大麻が広がっているらしい。
正しい知識が無くて始めたなんて「うっかり」でしょう。
でも自殺と違い、引き返せる時間があるだけいい。
なので私としては「麻薬系はダサいこと」という社会認識にならないかな?と思うの。
「えっ!お前、大麻やってんの?うわ、だせぇ!モテないから止めろって」と
同世代に言われてしまうのが、当たり前なくらいに。
若者のカリスマ的な人が「ダサイ」と言い出してくれないかなー。

少しそれました。戻します。

『ビョーキのご家族をもつ皆さまへ』は、心の病の方とその家族に読んでもらいたいな。
答えを足掻くように欲しい人には肩透かしの文に感じるかもしれませんが。
引っかかるところがあったら儲けモンな事が書いてあります。

最後に収録されている『ハッピ、ハッピ、ハッピ、ハッピ。』はイイです
明るく、寂しく、悲しく、幸福なエッセイです。

すーすーすー・・・・
↑今日のにゃんた助。クーラー風の届かない部屋で熟睡中。

↓↓追記に、青い夕陽と同時刻に撮った赤い夕陽を掲載しました。
もともとは、こんな感じの空です。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

鬼平と江戸地図 

二夜連続の「鬼平犯科帳」を見て、鬼平LOVEに火が点いちゃった(笑)
昨日は一日中、鬼平を読み直していました。ブログ更新もしないで。
さんざん読んでクタクタになった文庫本がさらにヨレヨレになりました(大げさ)

池波正太郎が好きなんですの
なかでも「鬼平」シリーズと「剣客商売」シリーズは大LOVE。

もう、出てくる単語に萌えますね。
「お盗め(おととめ)」「急ぎばたらき」「お頭」「嘗役(なめやく)」
「鯉口を切る」「お縄を頂戴する」「引き込み」 わー、書き出すだけで楽しい
「解せぬ」とか「不愉快千万」とか「たわけ」とか日常でも使いたい

そういえば、夫の家に初めてご挨拶に行った時
お義父さんと「鬼平」で楽しくお話ができました(笑)
「読んでいて良かった」と、具体的に思った出来事ですわ。

時代劇ドラマは昔にくらべて放映が減りましたねー。
たしかに、一夜目のTVドラマ版「鬼平」を見てても
こんなに好きでも、気持ちがコケる箇所がチラホラあって
民放で時代劇ドラマは、もう難しいのかな~と思ってしまう。
予算だけの問題じゃないのだろうか?予算で済む話ならいいのにな。


私は地図も好きなのですが、時代物を読んでると出てくる地名などで
位置を調べたくなったりするのですよそんな時の私の友を紹介。
最近は江戸地図と現在の地図を見比べる本が色々出版されていますが
私の一押しはコレ↓。イメージ画像が無いのが残念。
復元・江戸情報地図復元・江戸情報地図
(1994/10)
吉原 健一郎、

商品詳細を見る

江戸を広範囲に押さえているのがポイント。
現代地図と江戸地図が二重に印刷されていますが見やすいです。
2万円もする大型本ですが、それだけの満足感がある本です。
私はコレで何時間も遊べます 持ってないので図書館に行きますけどね~。

上記の本よりお手軽なのが【東京時代MAP―大江戸編】でしょうか。
トレッシング・ペーパーに描いた現代地図を江戸地図に乗せて見比べるタイプ。
1700円とお手ごろ値段で、見比べやすい地図なのですが、
惜しむらくは範囲が狭いです。特に北と西が弱い。
上野なんて北側が載ってなくて入谷・日暮里周辺がわからない
甲州街道の入り口・新宿村の追分あたりなぞ影もみえない
大名の上~下屋敷が在った所を押さえているようです。

史実の確認も小説の位置確認でも楽しい地図ですが
東京にゆかりのある方!自分が関わっている土地をコレで見ると楽しいですよ~





ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

トラックバックテーマ 第969回「好きな童話・絵本は?」 

トラックバックテーマ 第969回「好きな童話・絵本は?」


絞るのが難しいな~。一押しってわけじゃないから、幾つかピックアップしましょうか。

* おのき がく 【かたあしだちょうのエルフ】
* 浜田広介 【泣いた赤鬼】
* 斉藤隆介 【花咲き山】
* 斉藤隆介 【モチモチの木】
* 斉藤隆介 【八郎】
* 斉藤隆介 【三コ】
* 斉藤隆介 【ベロ出しチョンマ】
* 斉藤隆介 【ひさの星】
* あまんきみこ 【おにたのぼうし】
* 小川未明 【赤い蝋燭と人魚】
* 安野光雄 【旅の絵本】
* ラモリス 【あかいふうせん】
* マンロー・リーフ 【はなのすきなうし】
* ディック・ブルーナー 【ゆきのひのうさこちゃん】

斉藤隆介さんが多いですね~。
これは元々は親の趣味だったと思われる。
それでも斉藤隆介&滝平二郎の絵本はスバラシイ!

↑の半分くらいは、いわさきちひろさんのイラストの絵本です。
これは母の趣味なのだけど、しっかり受け継ぎました。
大好きですよ!いわさきちひろさん。美術館もいいですよー

こうして見ると、ほんわかしたお話よりも
悲しいお話のほうが多いような。
悲しいどころじゃなく、壮絶なお話も。。。。

【ベロ出しチョンマ】なんて「ウメ、見ろ!あんちゃんのツラ!!」と
チョンマが言ったセリフが忘れられない。
共に処刑される幼い妹が恐怖に泣き叫ぶのに対して
十八番のおもしろ顔を見せる兄のセリフ。壮絶すぎる。。。

今から読みたいと思ったのは【はなのすきなうし】。
まるごと自分自身でいる、いっぷう変わった牛のお話。いいわ~。

はなのすきなうし (岩波の子どもの本 (11))はなのすきなうし (岩波の子どもの本 (11))
(1954/01)
マンロー・リーフ

商品詳細を見る





ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

今日マチ子の【センネン画報】その2 

人の肺は理論上、水中で呼吸ができると聞いたことがある。
実際には無理なことで、そんな事をしたら溺れてしまう。

でもその理論を「在りだ」と思う感覚がある。
それはリアルな体の感覚ではなく、心が知っている感覚なんだと思う。

世の中は素敵な風を感じる事ばかりなんかじゃなくて
水中を歩いているような日々も多い。
その感覚が「ありだよ」と子供の声で言う。

今日マチ子の【センネン画報】その2を読んで、そんな事を思った。
以前に、その1を紹介しましたその続刊です。

センネン画報 その2センネン画報 その2
(2010/05/12)
今日マチ子

商品詳細を見る

しばしば作中には、水中で呼吸している少年と少女が描かれます。
水中で呼吸はできる。でも肺にはきっと負担がかかっている。

心という水中に浸り、たゆたい、溺れ、流れ、沈み、浮上する。
その透明な青の多様さと美しさが詰まった本。

初刊はカラーページが少なかったのが大いに不満だったけど
今回はフル・カラーページ!そうでなくちゃ!
この本の美味しさは、青と白のコントラストによるところが大きいのだから。
乾杯
水を飲む
カーニバルのような後の水中の寂しさ。
誰もいなくなった場所でひとり水を飲む。
自分の息がコップに溜まり
それは手明りのようにわずかに自分を照らす。

人ができることは、そういうことくらいなんだろうな、と思う。
自分の呼吸がつくる明りで自分を照らすこと。
人が人に何かできることは、その光を見せて触れさすことぐらい。
コントロールとは本来、なんて傲慢なことだろうと思う。

私の”人は”なんてことは関係なく
1Pの詩のような1P漫画で綴られた、この本を楽しんでほしいなぁ。
このシリーズはWeb上でほぼ毎日更新されています。
よろしければジャンプしてみてください。→<今日マチ子のセンネン画報>

この本には水のゆらぎだけでなく、一陣の風も吹きます。
その心地よさ、おひとついかがでしょうか?
快速休講
*モラルを持っての転写はOKとのことなので、画像をアップさせていただきました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。