~* Wakaba Time *~

写真+雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
trackback: -- | comment: -- | edit

冬の枯れてゆく秋桜 

光の中で枯れてゆく

ちょっと古めの写真ですけど
去年の暮れに、寒さに耐えられず
多くの蕾とともに枯れていった遅咲きのコスモスです。

夕陽の黄金の光の中で淡々と枯れていく花。
ただやるべきことをやっている枯れ姿に、一日の終わりの陽が射す。

1224+081_convert_20110225144216.jpg

たまに、自分が死ぬ時の事を考える。
(死にたい気持ちなんて毛頭ないですよん)
悲惨な死に方をしない、とは言い切れないですね。
そんな時、もし状況が変えられないのなら
最後まで自分が好きにできることは何だろう。

思う事、考える事だけは最後まで自由にできる事なのかな。
最後の自分の内側を染めるものだけは選ぶ事ができる・・・・イイじゃん♪
「人は自分の見たいものしか見ない」とは悪い文法で使われるけど
この時こそ、自分の見たいものを見るべきよね。
最後まで自由になる部分が必ず在るってスバラシイ。
思いどおりに思えるにしろ思えないにしろ「在る」という事がイイの。

立ち枯れの夕焼け

さて、私が最後に選ぶものはなんだろうな。
でもこういう事を言っていると最後の最後で
「あ~、最後に考えた事はこんな事だったのね~」とか思いながら昇天そうだ(^^;)
それはちょっと面白いかもw

この写真を撮った時は気温が一桁になった頃。
最近は暖かくなってきて気温二桁の日が続いています^^
もうすぐ、三月ですね。

1212+055_convert_20110225144141.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

この記事に対するコメント

2枚目の写真と添えてある言葉
「夕陽の黄金の光の中で淡々と枯れていく花。
ただやるべきことをやっている枯れ姿に、一日の終わりの陽が射す。」
にとっても共感とこんなふうに人生を終わりたいなって
思っちゃいましたよ~☆

june** #- | URL | 2011/02/28 08:00 * edit *

う~~ん考えちゃいました!

それほど遠くないその日。

何にも考えないで終ってしまいそう。
懸命に生きたともいえない私。

怠け者の私は、
何もしないで安易な道を選んじゃうかもしれません。

冬のコスモスのように、厳しい環境を甘受できそうもないな。

考えさせられることでした~~(^^♪v-431

S子 #- | URL | 2011/02/28 17:46 * edit *

秋桜って、コスモスなんですね。
枯れるといえば、ひからびて枯れるイメージが強いですけど、これは寒さで枯れてますね。(当然の事ですが;;
枯れたものも、素敵です。
ただ栄華真っ盛りの状態よりも、味が出てると思いますので。

私はこの間まで、時間が惜しかったですね。
高校生活が終わって、若い時が終わって、人生が終わってしまう。
けれどそれを止めることは、できない。

けれど最近、自分の中に、他人と違った時間があるんじゃないかと思うようになったんですよね。
ただ「思い出す」のとは少し違う、いつでも遡ることのできる「時間」です。
私が最後に求めるのは、そんな自分の中の、「永遠の時間」でしょうか。

サクラ #- | URL | 2011/02/28 20:54 * edit *

june**さんへ

私もこう終わりたいですよ~☆
まわりに人がいようがいまいが
こう終わりたいもんですわ。
先の事ですからね、どうなるかわかりませんけどね(^^ゞ

こういう事を繰り返し考えていると
自分が最後に実際思うだろう事に興味がわくんです。
ちょっと楽しみにしているのです、何を思うか(笑)
で、なんやかんや思った後に「・・・と思ったワケね、私は」
と、言いそうだな~と(笑)

*若葉* #- | URL | 2011/02/28 23:10 * edit *

今日は寒いですね

昔の人は辞世の句というのを常々考えていたのでしょうか。
この世を辞するときに自分が何を考えるのかな?とは
思っていなくてこういう生き方をしたんだよと確実に人に言える
自分があるからこそ辞世の句を言えるのでしょう。と思うんです。
私は思いつかないので高杉晋作でもパクろうかしら(笑

オリーブハーブ #- | URL | 2011/02/28 23:30 * edit *

S子さんへ

何にも考えないで終われれば
それに越した事ないのかと思いますよ~^^

先の話なのでわからないことですが
私の場合、厳しい状況で死ぬ、という事は
想像できる可能性の一つにあるな、と考えているので。
回避できなかったら、私は何を救いにするんだろう?と。

でもこういうことを考えていると
自分が最後に何を思うのか、楽しみになりましたね^^
で、最後に「・・・と思ったわけね」と
自分に突っ込み入れて死んでゆくのは面白そうだな、と。

*若葉* #- | URL | 2011/02/28 23:43 * edit *

サクラさんへ

『秋桜』のほうが好きなんです。花らしくて。
『コスモス』だと、なんとなく『宇宙』のイメージまで
被っている感じがして。

> 時間が惜しかった
ブログで書いてましたねー。
「わかるわかる」と思って読んでました。
何かがハッキリ終わろうとする時の『時間の質感』は
切ない愛しさと艶があるもん。

> 他人と違った時間、いつでも遡ることのできる「時間」
へえー!うん、その感覚はわからないと思う。
でも最後に望むという事はその「永遠の時間」は素敵なものなのね。
私は自分が何を考えるか楽しみなのよ~。
もし、ろくでもないことを考えたとしても
「・・・という事を考えたワケね」と自分で突っ込み入れそうだから
その想像はおもしろいのよ。
悲惨だったとしても悲惨だけで終わらせないわよっ、というところね。

*若葉* #- | URL | 2011/03/01 00:54 * edit *

オリーブハーブさんへ

いや~、私も辞世の句なんて思いつきもしないですね。
武士のごく一部の人がやっていたんじゃないのかしら?
後で勝手に作られた辞世の句もありますし^^;
武士は「死」に美学を持っているから、
辞世の句はその美学の産物なんじゃないのかしら。
個人的に思う事は「美学にしなくちゃ、
戦をするなんて商売やってられないんじゃね?」です(^^ゞ

> この世を辞するときに自分が何を考えるのかな?とは

私の場合、これを考えるということは
最後の楽しみを作る、ということですね。
この意識を持っていれば、
自分が最後に何を思うのか興味がわくから
「こいつ、何を思うのかな?」という楽しみになるのですヨ。
特に何も思わずサラサラと逝けちゃったらいいんですけどね~。
そうじゃない場合の私の救いって何だ?と考えたのでw

*若葉* #- | URL | 2011/03/01 01:46 * edit *

こんばんはー。

自分がこの世から去るとき、何を思うか…。
うーん…。

私は気持ちがやさぐれてくると、自分の寿命を
考えます。母親が亡くなった年齢からして、あと20年
ちょいかー、とか。

死ぬときはゼロになりたいなーと思うんです。
生きた痕跡や、存在した証とかも残さず、何もなかった
ように。きれいさっぱり。
人の記憶にも残らなくていい。
(こういう考え方って、病んでるなーw)

そんな自分が、最後に思うことは何なのか…。
想像が付きません…。

3枚目の写真の立ち枯れていく秋桜、とても
神々しい…。

konatsumaru #- | URL | 2011/03/01 02:00 * edit *

konatsumaruさんへ

私も何思うのかわからないよ~。
わからないから、自分が何を思うか楽しみにしてんのよう。
つか、こう考えることで自分が最後に何を思うのかが
楽しみになったのよう^^

この意識を忘れなきゃね
たとえやさぐれて世を呪ったことを考えていても
最後で「・・・と。いうことを考えたのね結局アンタは」
と最後に突っ込みを私は入れるだろうから
それはそれで面白いんじゃね?と思ってねー。ははは。

> 死ぬときはゼロ
病んでいるの?これ。美学の一つなのでは?
猫のようにスッと世から退場したいっていうの
おかしくも病んでるようにも思えないなー。
気にしなくても2世代もしたら普通の人は
痕跡はキレイさっぱり無くなるよんw

*若葉* #- | URL | 2011/03/01 18:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greengreen555.blog12.fc2.com/tb.php/330-8e52bf2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。