~* Wakaba Time *~

写真+雑記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
trackback: -- | comment: -- | edit

光の川に蝉時雨 

RICOH CX4 

神社の境内で木漏れ日が川になって流れています。
夏日、木漏れ日、蝉時雨。



RICOH CX4

あふれた木漏れ日が小さな滝となって下段に流れています。



RICOH CX4

その光の川の中に、枝から落ちた空蝉。
役目を終えた軽い抜け殻が川床に着いたみたい。



RICOH CX4 

小さな虫には
この小さな境内も広大な土地なのかなぁ。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚


あー、なんで一日は24時間なの?短いわ。
でもそれは私の体力が少ない事がおおいに関係してるのね(´Д`)
よけいなものをそぎ落とさないと、やるべき事ができんぞなもし。
もっとシンプルにせねば。

そんなこんなで(←どんな?)
なかなか訪問もままならずスミマセン。
今週はゆっくりログインしたいのだけど・・・うーむ(^^;)





ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

この記事に対するコメント

爽やかです♪

木漏れ日が川になったり~~
滝になったり~~
明るくて、それでいて爽やか。
涼しささえ感じます。

そんな中で短い人生。いや蝉の最後の命。
この世に生きた証しの墓標。
輝かしい賛歌のような木漏れ日のせせらぎ。
耳を澄ませば聞こえて気ます。

東京のど真ん中にも素敵な場所があるのですね。

私の故郷の社は、鬱蒼としていて怖い感じがしました。
暗い隔絶された場所???今頃は蝉しぐれかしら?
昼までも一人では行かれない感じでした。

もう何年も行った事ありません。今はもっともっとかもしれませんね。

S子 #- | URL | 2011/08/29 22:42 * edit *

S子さんへ

えへへ。爽やかですか(^^ゞ
光をいっぱい画面に入れたからかしら?
撮った日は30℃を越えた夏日でした。

家の近くにある小さな神社なんですよ。
住宅街の中にあるので『鬱蒼』からは程遠いです~。
S子さんの故郷の神社は異界との境界のようですね。
子どもが怖いと感じたなら、
ホントにむやみに近寄らない方が良かったのかもですね^^

ああ、私の実家の街にある神社は今どうなっているのだろう。
小学生の時は毎土曜日に市立図書館に行った帰りに
御神木の下で根っこに座って本を読んでいました。
思えばお寺は怖い場所だったけれど
神社はいつも私にとって遊び半分の親しみのある場所でした。
今もチョイチョイ写真を撮りに行ったりしてますしネ^^

お返事遅くなってゴメンナサイ(^^;)

*若葉* #- | URL | 2011/09/02 21:21 * edit *

古びた社が素敵ですね~。
二葉目の写真は、文字を読む前に「滝」って連想したんですよ。
本当に滝になってますよね。
こういう処が東京にあるなんて、ちょっと意外です(←ちょっと偏見っぽいですが。

虫視線で視ると、箱庭みたいな世界も、相応の世界になるんでしょうね。
新鮮です。

サクラ #- | URL | 2011/09/04 19:55 * edit *

サクラさんへ

街中にある、ちっこい神社なんですよココ^^
私の住まいは東京郊外なので都会都会してないですしね。

「滝」って思いました?
よかった。私だけがそう見えるだけぢゃないのね(笑)

最近のサクラさん、京都のあちこちに行っているのね。
新しい土地って心細いこともあるけど新鮮でしょう?^^
その新鮮さはワクワク系の新鮮さなんじゃない?
東京に出てきた頃のことを思い出したわー。
当時は田舎の息苦しさからの開放感だと思ってたけど
後で思えば「新鮮」が心のベースの楽しさだったのよねー。

*若葉* #- | URL | 2011/09/10 16:02 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greengreen555.blog12.fc2.com/tb.php/396-7716e6ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。